top of page

Research and Development

新製品開発情報

 

1.低誘電ガラスマイクロスフィア/ Low Dielectric Glass Microsphere

 

用新たに開発した低誘電ガラスマイクロスフィアNEGB731は、既存製品EGB731と比較して、誘電特性に優れ低誘電率、低誘電正接を実現させます。高周波を扱う電気・電子部品(コンデンサーなど)の絶縁性の低下や内蔵している電子回路の不具合などを引き起こす要因を低減させます。

 
 

ガラスビーズの特性一例:

エポキシ樹脂成形品に充填した時の特性一例:

ガラスビーズ

2.スーパーマイクロ/ SuperMicro

 

従来、粒子の一番粒子の小さい製品はEMB-10(D50: 5µm)でしたが、新規にD50: 2µmのガラスマイクロスフィアを開発しました。 本製品は微粒子を必要とする銅張積層板(CCL)プリプレグ基板や薄膜を必要とする塗料・コーティング向けに適したフィラーです。

フィラー累積粒度分布図.png
SuperMicro粒度グラフ.png
ガラスパウダー

3.ガラスファイバーコンポジットビーズ(開発中)/

    Glass Fiber Composite Beads (under development)

rnd2.jpg

本製品は、ガラスファイバーとガラスビーズを複合させた新規開発中のガラスフィラーです。アルミノ硼珪酸ガラスを採用したことで耐酸性に優れます。また、複合効果により機械物性が向上するのが特長です。 屋外用塗料の耐久性向上、塗膜の強度・耐摩耗性の向上、樹脂の機械物性の向上などが期待できます。

 
bottom of page