top of page

Retroreflectivemeter

MX-7S 反射輝度計

 

■MX-7S 反射輝度計(路面標示測定専用)

03-3 (1).jpg

 

  • MX-7Sは、レーンマーク(路面標示)の夜間視認性を評価するために作られた光学測定器です。

  • ポータブルタイプの測定器で、レーンマーク(路面標示)の上に直接置き、昼夜問わず、​ 再帰反射輝度を測定することができます。

  • メモリー機能により、測定データをリアルタイムに記録し、電子データとして保存することが可能です。

  • 大容量バッテリーにより連続8時間の測定が可能です。

03-1.jpg
03-5.jpg

特長

  • 収納トランク

  • レーンマーク(路面標示)の上に直接当てて測定できる。

  • 昼夜間問わず測定可能

  • 測定面積が広く、再現性が高い

  • 再帰反射輝度(mcd/m2・lx)を直読できる。また、日時と再帰反射輝度値のデータ保存が可能

  • 保存したデータは、USBケーブル経由によりPCで参照できる

  • リチウムイオン電池を内蔵し、フル充電で連続8時間の測定が可能

  • 光源ランプの寿命は、半永久的

  • 本体重量は、約6kg

  • 収納トランクを標準装備(標準板内蔵)

 

構造

03-6.png

操作

ゼロ点合わせ、標準合わせを行い、レーンマーク(路面標示)の上に置き、デジタル表示を読みとり測定

仕様

 
 
 
bottom of page